十字架の道行


カトリック教会には、イエスの不正な裁判から十字架の死に至る歩みを、14場面に描いた絵画やレリーフなどが聖堂内に並べて掛けてあり、それぞれを「留(りゅう)」と言います。「十字架の道行」の祈りは、このひとつひとつの「留」を順次にたどって、イエスの受難の各場面を黙想し、回心しキリストの愛にならうための祈りです。

カトリック中央協議会発行「十字架の道行」

 

 

「十字架の道行」の祈りは年中、いつでも捧げることができるお祈りですが、特に四旬節中の金曜日に「十字架の道行」の祈りを捧げます。

 

「十字架の道行をする時に、わたしたちは、心重く、昔を懐かしみ過去にとらわれているわけではありません。まったくその反対です。この地上において神の国を建設するように呼ばれ、その土台となっている信仰を学ぶのです。十字架を抱擁しないかぎり、復活をも迎え入れることはできません。それほど単純なことであり、深遠な事実です。イエスの受難と復活の秘儀により深く入り、わたしたち自身の平和への旅路を歩き続ける自分を見いだすことを祈り願います。」

(参照:「十字架の道行」…それは、イエスとともにする旅

 

「十字架」の向こうには「復活」があります。イエスとともに、心で歩みながらお祈りしましょう。

【 聖堂内 】

第1留 イエス、死刑の宣告を受ける
第1留 イエス、死刑の宣告を受ける
第2留 イエス、十字架を担わされる
第2留 イエス、十字架を担わされる
第3留 イエス、はじめて倒れる
第3留 イエス、はじめて倒れる
第4留 イエス、み母に出会う
第4留 イエス、み母に出会う
第5留 イエス、シモンの助けを受ける
第5留 イエス、シモンの助けを受ける
第6留 ヴェロニカ、イエスのみ顔を拭う
第6留 ヴェロニカ、イエスのみ顔を拭う
第7留 イエス、再び倒れる
第7留 イエス、再び倒れる
第8留 イエス、エルサレムの婦人らを慰める
第8留 イエス、エルサレムの婦人らを慰める
第9留 イエス、三度倒れる
第9留 イエス、三度倒れる
第10留 イエス、衣服をはがされる
第10留 イエス、衣服をはがされる
第11留 イエス、十字架につけられる
第11留 イエス、十字架につけられる
第12留 イエス、十字架に死す
第12留 イエス、十字架に死す
第13留 イエス、十字架より下ろされる
第13留 イエス、十字架より下ろされる
第14留 イエス、埋葬される
第14留 イエス、埋葬される

【 ヨハネ館側斜路 】

第1留 イエス、死刑の宣告を受ける
第1留 イエス、死刑の宣告を受ける
第2留 イエス、十字架を担わされる
第2留 イエス、十字架を担わされる
第3留 イエス、はじめて倒れる
第3留 イエス、はじめて倒れる
第4留 イエス、み母に出会う
第4留 イエス、み母に出会う
第5留 イエス、シモンの助力を受ける
第5留 イエス、シモンの助力を受ける
第6留 ヴェロニカ、イエスのみ顔を拭う
第6留 ヴェロニカ、イエスのみ顔を拭う
第7留 イエス、再び倒れる
第7留 イエス、再び倒れる
第8留 イエス、エルサレムの婦人らを慰める
第8留 イエス、エルサレムの婦人らを慰める
第9留 イエス、三度倒れる
第9留 イエス、三度倒れる
第10留 イエス、衣服をはがされる
第10留 イエス、衣服をはがされる
第11留 イエス、十字架につけられる
第11留 イエス、十字架につけられる
第12留 イエス、十字架に死す
第12留 イエス、十字架に死す
第13留 イエス、十字架より下ろされる
第13留 イエス、十字架より下ろされる
第14留 イエス、埋葬される
第14留 イエス、埋葬される