主日・祭日のミサの聖書朗読

主日のミサの聖書朗読配分は3年周期になっていて、それぞれをA年、B年、C年と呼んでいます。周期がキリスト紀元第1年に始まったと想定し、すなわち、紀元1年はA年、2年はB年、3年はC年であったと考えるのです。2019 年はC年になります。(カトリック中央協議会発行『朗読聖書の緒言』注102参照)。