カトリック小金井教会の歩み


「小金井の地所を見に行き、付近を少し歩き回る。樹木なく勾配なきが何なれど、実に心地良き所なり。」

戸塚文卿師のこの言葉から小金井教会もまた生まれた。

1939年の秋の事であった。小金井は村から、町になって間もないころで、風光とともに爽やかなるを病者に最もふさわしいとし、結核患者を介護するために桜町病院は、1939年に開院された。それはまた小金井教会の前身ともいうべきものの誕生でもあった。


ー 1939年 ー

戸塚文卿師、小金井に土地を取得、桜町病院を建て医療と宣教活動を始め、小金井小教区の発祥の地となる

8月17日 戸塚文卿師召天

 

ー 1944年 6月8日 ー

マザー・マリア岡村ふく、福音史家聖ヨハネ布教修道女会設立

桜町病院を引き受ける、修道院聖堂を建立

 

ー 1974年 10月31日 ー

J・ヨゼフ・ムニ師着任、小金井・府中両市宣教活動開始

 

ー 1975年 3月30日 ー

小金井教小教区創立。初代主任司祭ムニ師。信徒228名

 

ー 1976年 11月23日 ー

新聖堂献堂式。第一回堅信式白柳大司教司式

 

ー 1977年 4月 ー

日曜学校始まる

 

ー 1978年 10月15日 ー

第一回教会バザー(富士聖ヨハネ学園リハビリ棟建設のため)

 

ー 1979年 11月23日 ー

聖ヨハネ館祝福式

 

ー 1982年 4月26日 ー

マザー・マリア岡村ふく召天

 

ー 1983年 9月11日 ー

償いの特別聖年、巡礼教会に当り、多数の巡礼者来訪

 

ー 1985年 11月23日 ー

小教区創設10周年を祝い感謝ミサ、信徒数1,021名

 

ー 1988年 ー

8月14日 ムニ師召天

9月~  村上康助師(サレジオ会)主任司祭代行

 

ー 1989年 10月1日 ー

吉川敦師主任司祭として着任

 

ー 1990年 5月 ー

聖ヨハネ館に図書コーナー開設

 

ー 1995年 11月23日 ー

小教区創設20周年

 

ー 2000年 ー

4月30日 吉川敦師離任、山本量太郎師着任

11月18日~24日 小教区創設25周年記念聖書全巻リレー通読会

 

ー 2005年 11月23日 ー

小教区創設30周年

 

ー 2010年 ー

5月1日   山本量太郎師関口教会主任司祭任命、6月離任

6月~10月 立川教会主任司祭辻茂師、小教区管理者として兼任

11月1日 ヨセフ・ディン師着任、信徒1,418名

 

ー 2015年 11月23日 ー

小教区創設40周年

 

ー 2017年 ー

9月 ヨセフ・ディン師習志野教会主任司祭任命、10月31日離任

11月1日~ 八王子教会主任司祭辻茂師、小教区管理者として兼任


ー 2018年 4月1日 ー

辻茂師離任、小教区管理者として加藤豊師着任