年間 第24週

9月12日(日)年間第24主日

9月14日(火)十字架称賛(祝日)

9月15日 悲しみの聖母(記念日)

この祝日がローマ教会暦に取り入れられたのは1814年である。十字架称賛の翌日にあたる今日、教会は、マリアがイエスの受難のとき、十字架のもとにたたずんで母としてその苦しみをともにしたことを思い起こしている。

 

9月16日  聖コルネリオ教皇、聖チプリアノ司教殉教者(記念日)

コルネリオは251年にローマ教皇に選ばれた。対立教皇として立ったノバチアヌスの派閥に反対されたが、チプリアノに支持されて地位を保つことができた。ガルス帝によって追放され、253年にイタリア中部のチビダベッキアで亡くなった。その遺体はdローマに移され、カリストの墓地に埋葬された。

チプリアノは210年頃、北アフリカのカルタゴで異教徒の家庭に生まれた。やがてキリスト教に改宗し、司祭に叙階され、249年にカルタゴの司教に選ばれた。その活動と著作によって、多くの困難のただ中にあった教会をみごとに治めた。バレリアヌス帝の迫害のときにまず追放され、その後、258年9月14日に殉教した。

(『毎日の読書』より)



お知らせ

2021/9/11

◆ 東京教区におけるミサ非公開の延長について

9月9日、緊急事態宣言の9月30日までの延長が政府から発表されました。今後、予想以上の事態の好転がある場合などを除いて、原則として9月30日まで、現在の公開ミサの自粛を継続します。
10月1日以降の対応に関しては、9月25日までにお知らせいたします。―カトリック東京大司教区

2021/9/4

◆ 東京教区における9月13日以降の対応について

政府において当初の予定通り、9月12日をもって緊急事態宣言を解除される場合には、翌9月13日から、教区の対応をステージ3とし、感染対策を行った上での公開ミサを再開します。

しかし、政府において緊急事態宣言を延長する場合には、原則として、新たに設定される緊急事態宣言解除の期限まで、現在の公開ミサの自粛を継続します。

カトリック東京大司教区

2021/9/2

◆ 2021年9月1日~10月4日

「すべてのいのちを守るための月間」にあたり

2021/9/1

◆ 「わかちあい」(更新)

 

◆ Email登録フォーム

[司祭コラム][わかちあい]は随時更新します。Email登録した上、更新がある場合お知らせします。登録フォームは「コミュニケーション」ページ下段にあります。

 

フォトギャラリー



ミサの時間

※現在の公開ミサの自粛を継続します。お知らせをご参照ください。

開館時間

※当分の間、以下のようになります。

■ 聖堂

日曜日、週日  06:30~16:00

■ ヨハネ館(受付時間)

月曜日、火曜日 10:00~14:00

水曜日、祝祭日 休館

木曜日、金曜日 10:00~14:00

(土曜日 不定期)

◆ 主任司祭にご用の方はインターフォンをご利用ください。(司祭が在宅なら対応可能です。)