カトリック小金井教会 ・  使徒聖ヨハネ

Koganei Catholic Church ・  St. John the Apostle


2019年2月17日(日)

年間第6主日

 

[第一朗読]エレミヤ 17・5-8

[第二朗読]Ⅰコリント 15・12、16-20

[福音朗読]ルカ 6・17、20-26

貧しい人々は、幸いである。神の国はあなたがたのものである。

(ルカ6・20より)

『キリスト』

イスタンブール アヤ・ソフィア博物館のディシスのモザイク(1260年頃)

 


最新情報・イベント

◆ 2019年2月11日「世界病者の日」

病んでいる人と共に、病む人、苦しむ人に寄り添い様々な役割を果たしている人々にも目を向ける機会です。「世界病者のミサ」は2月11日(月)13時30分より東京カテドラルで行われます。

 

  • 「世界病者の日」とは
    教皇ヨハネ・パウロ二世は、1984年2月11日(ルルドの聖母の記念日)に使徒的書簡『サルヴィフィチ・ドローリス―苦しみのキリスト教的意味―』を発表し、翌年2月11日には教皇庁医療使徒職評議会を開設しました。さらに1993年からはこの日を「世界病者の日」と定め、毎年メッセージを発表しています。

    病者がふさわしい援助を受けられるように、また苦しんでいる人が自らの苦しみの意味を受け止めていくための必要な助けを得られるように、カトリック医療関係者だけでなく、広く社会一般に訴えていかなければなりません。医療使徒職組織の設立、ボランティア活動の支援、医療関係者の倫理的霊的養成、病者や苦しんでいる人への宗教的な助けなども重要な課題です。

  • 第27回「世界病者の日」教皇メッセージ
    「ただで受けたから、ただで与えなさい」(マタイ10・8)

(カトリック中央協議会ホームページより)

◆ 2019年度信徒大会

2月3日(月)は100余名の方々の出席をいただき、議題 ①2018年度の活動と会計決算の報告 ②2019年度の活動計画と予算について協議の上、確認をいただきました。皆さまのご協力に感謝申し上げます。

 

◆ ロザリオ「信仰の花束」

J.ヴィグネロン著(レミ神父訳)の聖画像とことばによってロザリオの祈りへの導きが丁寧に書かれています。事務受付で購入できます。訳者のレミ師は6月に小金井教会へいらっしゃる予定です。

◆ 2019年1月27日「世界子ども助け合いの日」

全ての子どもたちが使徒職に目覚め、思いやりのある人間に成長することを願って制定された日です。子どもたちが自分の幸せだけでなく、世界中の子どもたちの幸せを願って祈りを捧げ、犠牲や献金を捧げます。毎日のおやつや欲しいものを我慢して、子どもたち自身のお小遣いの中から献金をすることができるようご家庭でもご協力ください。

この日の献金は全世界からローマ教皇庁に送られ、世界各地の恵まれない子どもたちのために使われます。

 

「世界こども助け合いの日」を迎えて(カトリック中央協議会)


◆ 分かち合い

信者たちの信仰体験についての記事、教会活動やイベントに参加した感想などを分かち合うための場です。

 

◆ 「さくらまち」教会ニュース

「188号」が発行されました。高齢や病気で教会に来られない方々にもお届けいただければ幸いです。

 

◆ 「東京教区ニュース」新年号(359号)「心のともしび 」1月号

発行されました。お持ち帰りください。高齢や病気で教会に来られない方々にお届けいただければ幸いです。

 

◆ フォトギャラリー