小金井教会について

1995年11月
1995年11月
2017年10月
2017年10月

カトリック小金井小教区として設立される前に、長い前史があります。

 

1939年に桜町病院が教区司祭戸塚文卿博士によって設立され、博士の帰天後、福音史家聖ヨハネ布教修道会に引き継がれた。この敷地内にあった聖堂に集う信者が次第に増え、1975年に正式に正式に吉祥寺小教区から分かれ、小金井小教区が誕生しました。

 

主の恵みによって、2015年11月23日に小教区創設40周年を迎えました。