· 

復活の朝、墓へと走る使徒ペトロとヨハネ

主のご復活おめでとうございます。

 

わたしはとても気に入った一枚の宗教画(レプリカ)を持っており、ミケランジェロやレオナルド・ダヴィンチ、レンブラントなどのような巨匠たちではなく、おそらくあまり知られていない画家の作品です。それはちょうど復活の主日(4月21日)のミサで読まれた福音書の中にある瞬間(ヨハネ20・3-4)をとらえた素晴らしい作品です。

 

「復活の朝、墓へと走る使徒ペトロとヨハネ」(日本語訳)という作品名で、スイス出身の画家ウジェーヌ・ビュルナン(1850-1921)が1898年に描かれたものです。

 

 

朝焼けの空と雲の下に広がる平穏な風景を背後にして、ペトロとヨハネはキリストのお墓に駆けつけています。つい先ほど、キリストはもうお墓にいない、キリストはよみがえったと、マグダラのマリアから知らされました(ヨハネ20・1-2、ルカ24・5b-10)。彼女の言葉が耳の中で鳴り響きながら、二人とも前方に傾き、今にも走り出しそうな瞬間です。

 

 

イエスが十字架の上で亡くなられた時、共にいた唯一の弟子のヨハネは、体の前で両手を握りしめ、キリストが再び生きているかもしれないことを本当に信じていいのかと、ドキドキしながら気絶しそうに、希望と気がかりを交えた気持ちでいっぱいの様子です。

 

そして、ついこの間、三度もイエスのことを知らないと言い切り、後に激しく泣き(ルカ22・61-62)、自分の弱さを痛く、深く感じながら痛烈に後悔しているペトロは、怯えながら希望に満ち、恥を感じながら必死の様子です。彼はマグダラのマリアの報告を信じられるかどうかわからないが、信じたいと考えている様子です。また、彼は胸に手を当て、完全に失った勇気を今こころにあるかのように感じたい様子です。

 

ビュルナン氏はなんとその1つの顔で様々な感情を巧みにとらえました。

 

描かれたあの瞬間の二人の使徒の様子をしばらく観賞すれば、それこそ四旬節の意義ではないだろうかと思うようになりました。わたしたちは、砕けたこころの重荷を背負って、わたしたちのキリストに対する否定を恥じ、そしてイエスが生きている、わたしたちを愛している、わたしたちを赦してくださることを、切に願っているのではないでしょか。

 

復活の朝というテーマですが、ビュルナンは婦人たち、墓、亜麻布を描かず、ただこれから起こるキリストからのお約束だけをペトロとヨハネを通じて描きました。

 

それもわたしたちの「主のご復活」における体験ではないでしょうか。わたしたちは主のご復活を信仰によって受け入れ、それが真実であることを切望しています。わたしたちは、キリストが生きていること、そしてイエスがわたしたちの弱々しい信仰を立証し、わたしたちの罪を赦すことを信じて、未来に向かって突進します。

 

この見落とされがちなビュルナンの傑作は、この復活節にわたしたちの慰めになることができるように、そして、わたしたちの信仰が高まり、わたしたちの砕けたこころが癒されるよう願っております。 そして、わたしたちの目は、ペトロとヨハネがその最初の復活の朝にあったのと同じ絶望的な希望で満たされますように。

 

 

G.T.