· 

神様の無限の素晴らしさと美しき御業を垣間見る②

G.T.

 

全能の神様は、私たちの想像や理解をはるかに超えた壮大な天上の創造物を私たちに垣間見させてくださっています(前回の記事①)。

 

それから、神様は「地はあらゆる種類の草木と果樹を生えさせ、あらゆる種類の生き物、あらゆる生命を生み出せ」と仰せになり(創世記1・11-12、20-25参照)、地球には生命の爆発的増加がありました。

 

最も深く、最も暗い洞窟や最も深い海に行けば、生命はそこにあり、今もなお新しい種の生命が発見されつつあります。高速道路や外壁を作るために使用されるコンクリートでさえ、少しの汚れがそのコンクリートの小さな割れ目にあれば、生命が必然的にそこから湧き出し始めるでしょう。

 

地球上には800万種を超える動植物が生息していると推定されています。いくつか具体例を挙げれば、その数の意味が分かりやすくなるかもしれません。ワシには60種以上、カメには350種以上います。カンガルー(約50種)やコアラやウォンバットが属する有袋類には330種、子どもたちに大人気のカブトムシを含む甲虫類には35万種以上います。ユーカリの木は700種以上あり、約40万種の顕花植物があります。そのうち蘭科は35,000種で最多です。

 

太陽が昇っているうちに目を覚まし、外に出て耳を傾ければ、鳥(約18,000種)がさえずっているのが聞こえてきます。生命はどこにでもみつかることができるが、すべての条件が完璧でなければなりません。例えば、私たちがよく当たり前のように思っている酸素は地球の大気の21%を占めているが、それより少しでも多ければ、私たちは止まらない火事で焼けてしまい、少しでも少なくなると、皆窒息してしまうでしょう。

 

また、太陽からの距離はほとんど信じられないほど完璧です。生命を持つためには液体の水が必要です。それは私たちの太陽からの距離のため、私たちがたまたま享受できる非常に狭い温度範囲内でのみ可能になっています。この繊細で完全に維持されたバランスからの些細な逸脱があれば、地球上のすべての生命が破壊されてしまうでしょう。

 

神様は自然界と超自然界の神であり、偉大な神聖なる芸術家です。私たちは、神が誰であり、神が私たちの目に見える世界でどのように働いているかの痕跡が容易に見つかることを期待すべきです。

 

神様は、すべての被造物を私たちに与えられ、私たちにそれらを治めさせてくださっています(創世記1・26-28参照)。また、地球と他の天体との必要な関係を含め、私たちが必要なあらゆる天地の要素も与えてくださっています。

 

そして何よりも、神様は、その御独り子を私たちにお与えになったほどに、私たちを愛されています(ヨハネ3・16)。

      

「人とは何者なのか、あなたが心に留めるとは。

   人の子とは何者なのか、あなたが顧みるとは」

(詩編8・5)と、ダビデが詠っていますが、

「人」と「人の子」を「わたし」に置き換えてしばらく思いめぐらしてみてはどうでしょうか。

 

もうすぐ四旬節が始まります。私たちが主イエス・キリストにより近づくことができるよう、私たちの心により深い変化をもたらす良い準備ができるように、天地の創造主、全能の父である神の恵みを求めましょう。