· 

弱い者の中におられる、王であるキリスト

ガブリエル・タン

 

「あなたは王なのか」と、尋問したポンティオ・ピラトは
「この人は一体、何者なのか」と、不思議に思っていました・・・。

「この人」は、貧しく、知名度のない、小さな村で育ち、
彼の両親は、有名人でも、権力者でも、裕福でもなく、
最初に彼を訪れた人たちは、最も貧しい羊飼いでした。

 

「この人」は、人々を率いて戦場へと導くことはなく、

「自分の十字架を負って、私に従いなさい」と、促されました。

 

「この人」は、権力者やお金持ちと食事をしたり、付き合ったりしませんでしたが、
軽蔑され、無視され、見捨てられた人たちと一緒に食事をし、
価値がなく、罪人だと見なされている人々に、御手を差し伸べられました。

 

「この人」は、多くの召使いに仕えられた豪邸を住まいとしませんでしたが、

貧しい人、病人、傷ついた人、そして愛と癒しと慈しみを必要としている

すべての人々と一緒に時間を過ごされました。

 

「この人」は、世間が重視するような富も財産も所有しませんでしたが、
ご自分の最も偉大な所有物―全能の神の無限の愛を
私たちと分かち合ってくだいました。

 

この御方が、「失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、

傷ついたものを包み、弱ったものを強く」(エゼキエル34・16)

してくださる私たちの牧者であり、

私たちの王である主イエス・キリストなのです。

 

王である主イエス・キリストは、

「飢えている人、渇いている人、貧しい人や病人、

見捨てられた人や牢にいる人」(マタイ25・36-40)の中で見いだされ、

最も弱い立場の人々の中におられます。

 

私たちが互いのために何をするにしても、
私たちは主イエスのために行うのですから、
私たちが心を開き、目を開くなら、出会うすべての人の中で
王であるキリストにお会いすることができるでしょう。

 

主イエスは王であり、
主の兄弟姉妹としての私たちは、主の王室に属しています。
そのため、主の王室の一員として、私たちは互いに相応しい尊厳と敬意をもって、
接することができますように。

 

「キリスト者よ、
自分の尊厳と気高さを自覚しなさい。
あなたが分かち合うのは、神ご自身の命なのです」と、
初期の教皇の一人が言われましたように。

 

 

[関連記事] 

王であるキリストをほめたたえよ(2019.11.19)