· 

神様の無限の素晴らしさと美しき御業を垣間見る①

G.T.

 

 別に専門家でもなければマニアでもないが、昔から機会があれば、宇宙や大自然のこととそれらの現象を軽い気持ちで学ぶのが好きです。それは旧約聖書のシラ書(42・15~43・33、「自然界における神の偉大さ」)を読んでからがきっかけてす。科学の進歩とそれによる様々な発見に基づき、神様の御業に対する驚嘆を少しでもより深く感じたいと思ったからです。

 

 「澄み渡る大空は天の高みの誇り。

 天の姿は栄光に満ちた眺め。

 太陽は現れる時、日の出の時、

   あまねく告げる。

 いと高き方の御業はなんと驚くべきものか。

 星々の輝きは天の美。

 主のいと高き所にあって輝く飾り。」(シラ43・1-2, 9)

 

 私たちの太陽は巨大です。100万個以上の地球は、端から端まで約160万キロメートルの太陽にきれいに収まります。そして天の川には、太陽と同じような星が20億から30億あります。

 

 海浜に行って一握りの砂を拾えば、1万粒ほどの砂を手に持つことになるそうです。宇宙には、地球上のすべての海浜の砂粒よりも多くの星があります。神様はそれらの星すべてを口の息によって造られ、それらすべての名前を知っておられる、と聖書が教えてくれています(イザヤ40・26、詩編33・6、147・4参照)。

 

 神は言われた。「光あれ」。すると光があった(創世記1・3)。

 

 忘れてしまった方もおられるかもしれませんが、光は秒速約30万キロメートルで進みます。この速度では、光は地球の赤道(約4万キロメートル)を1秒間に7回旋回できます。太陽の光が私たちの肌に届くまで8分かかりますが、一般巡航時速800キロメートルで飛ばすジェット旅客機が太陽に到達するには18年かかるでしょう。

 

 私たちの銀河は端から端まで約10万光年あります(1光年は約9.5兆キロメートル)。私たちのジェット旅客機がその旅をすれば1000億年かかるでしょう。私たちの最も近い恒星は4光年離れていますが、そのジェット機がそこに到達するまでに550万年かかるでしょう。

 

 更に想像を広げてみましょう。私たちの知られている宇宙は端から端まで約120億から150億光年であり、なお常に広がっています。現代の科学的証拠によれば、宇宙には約500億の銀河があり、それぞれに20億から40億の星があります。

 

 これまでに発見された最大の恒星は、太陽の約500倍の大きさです。そして、もう一つの恒星は太陽の約650万倍の明るさです。それから、超新星(スーパーノヴァ、爆発する恒星)についてはどうでしょうか。非常に密度が高いため、ひと匙位の物質だけで数千トンの重さがあり、数十億の星ある銀河全体に相当する光を放射します。

 

 しかし、これらすべての想像を絶する豪壮のうちにも関わらず、小さな赤ちゃんは、すべての銀河が一つにされるよりもはるかに尊厳と価値があります。

 

 なぜなら、私たちの素晴らしく、無限であり、全能であり、私たちが夢を見ることができる何よりも、または私たちが今まで想像していた何よりも偉大な神様は、母の胎内から私たちのことを知っておられるからです(エレミヤ1・5、イザヤ44・2、詩編139・13)。

 

 ダビデがこう詠っています。

 「あなたの指の業である天を、

 あなたが据えた月と星を仰ぎ見て、思う。

 人とは何者なのか、あなたが心に留めるとは。

 人の子とは何者なのか、あなたが顧みるとは。」(詩編8・4-5)

 

 神様が造られたそれら素晴らしい天体の名称を超え、それらのことについて少しずつ知れば知るほど、ダビデの詩は心の中に響きつつある気がします。

 

 ダビデは宇宙の夜空を見上げてなぜ神様が人間の面倒を見るのか不思議に思っています。私たちも同じように、神様の偉大な栄光を振り返り、神様がなぜ私たちの面倒を見るのか不思議に思ったことはないでしょうか?

 

つづく